2015年05月22日

ベン・ジョンソン使用のステロイド

スタノゾロール (Stanozolol) は、ジヒドロテストステロン由来のアナボリックステロイドです。ウィンストロール(経口)やウィンストロール・デポ(筋肉)の名称で商業的に販売されています。

アナボリックステロイドの中では比較的副作用が少ないために、ボディビルダーやスポーツ選手に一般的に使用されています。
ダイエット時に、脂肪は減らすけど筋肉を減らしたくない時などにも使われるようです。
女性も使える数少ない筋肉増強剤と言われてますが、もちろん危険なので普通の人にはおすすめしません。


Rexobol(スタノゾロール)
スタノゾロールは、経口のたんぱく同化薬です。
スタノゾロールは、肝臓および各組織において、生体内のたんぱく合成を促進させます。たんぱく質の合成を促すことで筋肉を増やし、けが・やけどなどによる著しい体力の消耗を改善します。また、骨髄の機能を高めて赤血球を増やすことで貧血などを改善したり、カルシウムの排泄を減らすことで骨が脆くなるのを防ぎます。

たんぱく質の合成を促進することにより、筋肉や骨を丈夫にしたり、赤血球を増やす効果の期待できるお薬です。
軽症の再生不良性貧血の治療に用いられることもあります。

副作用の少ないですが、ナチュラルで限界な人や、もっと気軽に筋肉を強くしたいという人向けですね。でもステロイドなので一般の人には向いてません。
使用は自己責任で!!!

◯おすすめ併用サプリ
クレアチンなどとの併用すると相乗効果が期待できます。
激しいトレーニングを行う場合(普段よりハードにトレーニングできるようになると)内臓に負担がかかったり、ケガしやすいので注意しましょう。
posted by 筋肉増強剤 at 12:06| ステロイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。