2015年05月24日

Anavar オキサンドロロン

アナバー(Anavar) ジェネリック 成分オキサンドロロン 10mg

オキサンドロロンは、関節や筋肉の液体(水)を堆積させることなく、筋細胞にクレアチンリン酸の合成を刺激することにより、マッスルゲインを引き起こします。
強いステロイドではありませんので、アロマ化しにくいのが特徴で、ステロイド初心者にも愛用させています。

組み合わせが効果的なその他の成分
- Halotestin(ハロテスティン) 1日20–30 mg より一層の筋肉増強効果
- Clenbuterol(クレンブテロール/水分排出) 1日120 – 140 mcg
- Deca – Nan(デカデュラボリン/ナンドロロン) 1週間に2回200 mg
- Propionate(プロピオネート)1週間に 200 mg
- Andriol(アナドロール) 280 mg

ステロイドですが、下手なプロホルモンよりも副作用が少ないですが、使用は自己責任で!!



最初に米国で導入された 1964, oxandrolona アナボリックステロイドは、ファイザー社によって作成された, 株式会社. および商標名Anavarで販売されていました。
1980年代のステロイド使用に反対になったとき, サンドロロンの製造は中断し、ごく最近になって再び生産を開始しました。

Anavarとは?
Anavarはアナボリックステロイドとして利用可能です。
Anavar治療は補助療法として指示され、手術後の体重減少後の体重増加を促進するために使用されます。慢性感染症, 体重増加を禁止する特定の健康状態による外傷患者. 薬剤はまた、コルチコステロイドの長期使用、及び骨粗鬆症による骨痛の緩和のためのタンパク質異化を相殺するために使用されます。

【アナバーの特徴】
・メチルテストステロンに比べてアンドロゲニック作用は5分の1、アナボリック作用は6.3倍
 高い効果を持ちながら、抜け毛やニキビなどの心配が殆どありません。
・コルチコステロイドへの対抗作用がある
 ストレス性の筋量減少や、体脂肪の増加に対抗します。
・アロマタイズしないため、女性化乳房の心配がない
 余計なケア用品が必要なく、複雑なPCTを行わずに済みます(最低限のPCTは行って下さい)。
・肝毒性が極めて少ない
posted by 筋肉増強剤 at 14:29| ステロイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。